こころの痛みと治療法

こころの痛みと治療法

思わずうなる。愛する力とは?「感情に敏感」な人の魅力

感情に敏感であることは、私たちの生活において非常に重要な要素です。感情的な側面を理解し、愛する力と共感力を育むことは、より豊かな人間関係を築き、精神的な幸福を実現する鍵となります。
こころの痛みと治療法

『生きている実感』が持てない

私たちの日常には、生きている実感を感じるための数々の瞬間が散りばめられています。極限の体験や限界の挑戦、日常の小さな喜びや感動、身体的な感覚など、その実感は多様であり、私たちの心を豊かにしてくれます。
こころの痛みと治療法

「幸福が恐い」理由。もう幸せに背を向けない

心理学的には、喜びを避けることは「幸福不信仰」と呼ばれ、過去のトラウマや自己評価の低さが影響していることがあります。過去の辛い経験からくる不安や恐怖が、幸福を受け入れる障害となることがあるのです。
こころの痛みと治療法

喪失の痛みと向き合う

心理学的な観点から見ると、失った存在との再会できる日とは、私たちの内なる心の中での再会のことを指します。喪失感を乗り越え、失った人との絆を感じることは、心の平穏を取り戻す一つの方法です。
こころの痛みと治療法

本当に友情を育むのが苦手な方へ

友情とは、私たちの人生を彩る大切な絆であり、新しい日々を幸せで満たす源でもあります。どのようにして友情を育み、後悔しない素晴らしい関係を築いていくことができるのでしょうか。一緒に考えてみましょう。
こころの痛みと治療法

必見!アドラーが伝えたかった他者との距離感

私たちは日常生活で様々な期待を抱いて生きています。期待すること自体は悪いことではありません。むしろ、期待は未来に対する希望や目標を持つことを意味し、前向きな気持ちを醸成してくれます。しかし、時にはその期待が裏切られる瞬間がやってきます。
こころの痛みと治療法

精神:『心の重荷』を軽くするコツ

また、心理学は物語を大切にします。私たちは皆、人生の中で独自の物語を持っています。その物語がどのように形成され、どのように影響を受けるかを理解することで、負担を担う力が高まるのです。
こころの痛みと治療法

実は知らない『心的外傷後ストレス障害』

心的外傷は、私たちが経験した過去の出来事が、現在も強く心に影響を与えている状態を指します。その一種として、特に重要な場面で言及されるのが「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」です。
こころの痛みと治療法

精神:『うつ病』闇からの一歩

うつ病は、闇の中に取り込まれるような感情をもたらします。絶望や無気力、喜びを感じることが難しい状態。そして焦燥感や過度の不安。これらの感情が押し寄せてくることで、日常生活が困難になるのです。
こころの痛みと治療法

前世の謎:胎児から今の私たちへ

前世での経験や感情が、今の人間関係や行動に影響を与えることがあるのです。例えば、過去のトラウマや未解決の感情が、現在の恐れやブロックとして表れることがあるでしょう。前世の影響を理解することで、現在における自己成長や、癒しのプロセスを進める手助けになるとされています。
こころの痛みと治療法

「不安」の正体と対処法

不安とは、未知なものや未来の変化に対する心の反応です。これは進化の過程で生じた本能的な反応で、危険から身を守るための仕組みでもあります。しかし、現代社会ではその本能が過剰に働くことで、実体のない不安が生まれることがあります。
こころの痛みと治療法

「他人の評価」にとらわれずに輝く道

私たちは、自分の価値を他人の評価で判断しやすいですが、本当の価値は自分自身が持っているものです。他人の評価や社会の期待に囚われて、自分自身を見失ってしまうことはありませんか?他人と比較することは、自己評価を歪めることがあります。
タイトルとURLをコピーしました