絶望が救いとなる ~シオランの言葉~

「どうしてこんなことになってしまったんだ。生まれてきたからだ」

ペシミスト(悲観論者)のシオランは多くの著書を残していますが、どの著書にもネガティブワードがたくさん詰まっています。

苦しい時期、辛い時期、身動きが取れなくなる。何も手につかなくなる。閉じこもりたくなる。

私たちは時に光よりも影を求める事があります。

人生の深海をさまよっている時、光は眩しすぎて直視できない😎。

ポジティブなアドバイスを素直に受け取れない。そのエネルギーについていけない。

そんな時、誰もハッピーエンドにならない物語や混沌とした歌詞など。

絶望に救われる事があります。もう一度、生きてみようと思える🚶‍♂️。

私はシオランの文章を読むと、悲観的すぎて笑ってしまいます。

そして少し元気になる(笑)最後に一節

「人は動機なしに生きる事が出来ない。ところで私は動機を持っていない。そして生きている」

祝日も健やかにお過ごしください。

PlusOneLife アカミネ 🍀

管理者

阿賀嶺壮志(アカミネタケシ)1983年沖縄生まれ。
教育学部卒業後に小学校教師となるが、先生同士の対人関係で悩み教員を離れる。その後大学などで学び、作業療法士、公認心理師となり沖縄県内の精神科クリニック及び小中学校のスクールカウンセラーに勤務。2019年より心理学講師(ウェルカルチャースクール/男女共同参画センターてぃるる)2021年に絵本『さばくと少年』を出版。同年コザ信金創業セミナーにてベストビジネスプランナーに選ばれる。

管理者をフォローする
ブログ一覧
シェアする
【心と体のケア】Plus One Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました