第四夜『服を変えると、人生が変わる』

2015年発行 ㈱秀和システム社   著:中谷彰宏

正味1時間くらいで読める読みやすさも魅力。主に男性向けのメッセージが満載。

女性が着ているデニムは、男性がきちんとしたスーツを着ているとオシャレな服になります。男性がTシャツを着ていると女性が着ているのはダサいジーンズになります。男性がダサい恰好をしていると女性がどんどんダサくなるのです。奥さんをオシャレにしたければ旦那さんがまずオシャレになることです。そうすれば自動的に奥さんもオシャレになります。

著書より引用

オシャレは相手への尊重の意味もある。自分のモチベーションも上がる。良いことづくめなのだけど、考えて実行している人は少ないように感じる。特に年齢を重ねるほど。

祖父はお出かけの際は必ずジャケットを羽織っていた。ネクタイ代わりのペンダント。孫の僕も大切にされていたように思う。

優しい祖父の写真

最近魅力的な女性と出会う機会があったのだけど、その時の自分の服装を思い出すとホントーに恥ずかしい限り。

会話もたどたどしく、自信のないオーラが溢れ、何の進展もないままお開き。。。

オシャレすればよかったー。

ダサい恰好をしている時ほど大切な人に出会う、マーフィーの法則がフッと思い出された。「よりによってこんな時に」的な。

じゃあどうするか?

いつでもキチンとした恰好をすること!キチンとした恰好が分からない人は自分で判断せずに店員さんへ助言を求めよう。

店員さんと話すのが恥ずかしい人へのおススメはファッション雑誌。私はなぜか日本人向けのファッション雑誌ではなくサファリやレオンなんかを愛読している。

自分の体形や顔立ちに合った雑誌、こうなりたいとワクワクするような雑誌を見てみよう。いずれも千円以下で買えるのでコストパフォーマンスもバッチリ!そして、ファッション雑誌を持っていると俺!という何とも言いようのない高揚感まで味わえて良いことしかない。

愛読書、とか言ってみる。

外国ではオシャレな人に会うと「いいスーツですね」「ビューティフル」「エレガント」と、天気よりもオシャレの話題から入ります。相手の服装に関心を持つということです。服装に関心がない人は相手の服装にもなんら関心を持てないのです。

著書より引用

ダサい人に服を誉められるのと、オシャレな人に服を誉められるとではどうだろうか。そもそもダサい人は人の服装を誉めるということもあまりなさそうだが。

以前モデルをしていた友人に「自分に合う服を分かっていて良いね」と言われたときはとても嬉しかった。(誉め言葉だったかはさておき)

そしてそして、

オシャレをしている限り人間は老けません。

親がダサいと子供はそのままダサくなります。これは必ず遺伝します。

著書より引用

子どもにまで!親の背中を見て育つ。奥さんのためにオシャレをする気がないお父さん方は子どものために頑張ってみてはいかがでしょうか(笑)。

服装がきちんとしていれば、入れるお店も増える!

これは普通のカフェですが。

沖縄のとある古民家リメイクカフェ。

コメント