心理豆知識『フォーカシング』

こんにちわ📖PlusOneLifeのアカミネです。

心理豆知識として心理療法のひとつ『フォーカシング』について学びます。

フォーカシングでは不快感・怒りなどネガティブな感情や身体の反応は、精神的バランスを保つためのサインで必要なものと考えます。ネガティブな感情に気づいたら「今、ここでの気づき」に変えて解放します。

《方法》

①自分の感情や身体の変化に気づく。

②その感情を身体から取り出すイメージをして、色や形をつけたり名前をつけたりします。

③その感情と対話します

④必要な感情であれば自分の身体の中に統合し、必要なければ旅立たせます。

フォーカシングを始める前と終わった後では不思議なくらい感情の変化と身体の変化を感じます。

理学博士の佐治春夫さんはガンを患ったとき余命5年と宣告を受けました。そこで身体の中にある「ガン君」と話し合ったそうです。「話し合った結果、7年経った今も生かさせてもらってます」と笑顔。 今日も良い1日をー

管理者

阿賀嶺壮志(アカミネタケシ)1983年沖縄生まれ。
教育学部卒業後に小学校教師となるが、先生同士の対人関係で悩み教員を離れる。その後大学などで学び、作業療法士、公認心理師となり沖縄県内の精神科クリニック及び小中学校のスクールカウンセラーに勤務。2019年より心理学講師(ウェルカルチャースクール/男女共同参画センターてぃるる)2021年に絵本『さばくと少年』を出版。同年コザ信金創業セミナーにてベストビジネスプランナーに選ばれる。

管理者をフォローする
ブログ一覧
シェアする
【心と体のケア】Plus One Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました